交通事故を起こしてしまったら

交通事故を起こした場合、慰謝料請求を弁護士に依頼することを迷う場合があります。しかしこの場合は、弁護士に依頼すべきだと言えます。事故後、弁護士に依頼する大きなメリットは、慰謝料や損害賠償金などの増額を見込めるからです。弁護士に依頼した場合、慰謝料が増額するケースは少なくありません。そのため、弁護士に依頼するメリットもあります。もちろん、示談交渉は自身で行っても良いのですが、その場合はそれなりの法的な知識があればと言う話です。

交通事故の慰謝料は弁護士が交渉するからこそ、増額を見込めることになります。加害者側から来るのは、保険会社でも事故処理を担当している専門の人ですので、一般の方が保険会社と交渉しても話負けしてしまうのが現状です。ですから増額には弁護士への依頼が必要なのです。弁護士に依頼する時には費用が掛かりますが、この費用を加入している自動車保険につけることができます。すでに加入している保険についている場合は、弁護士にかかる費用倒れの心配なく相談や依頼ができます。

弁護士費用特約がない場合は、物損事故や人身事故で後遺障害がないときは、相手から受け取れる賠償金額が少なくなります。しかし弁護士に依頼することで費用倒れになることが少なくなります。弁護士特約を自動車保険につけることで、弁護士費用については全額保険会社が支払をしてくれるようになっています。これによって自己負担がなくなり弁護士に依頼することができます。

参照HP-交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談|弁護士法人アディーレ法律事務所