特約を上手に利用する

自動車保険の弁護士費用特約を使う場合、自分で好きな弁護士を選ぶことができます。弁護士費用特約は保険の特約ですので、この特約を利用するときには保険会社が弁護士を決めるものだと考えているかもしれませんが、弁護士の指定権は契約者の方にあります。

交通事故事は、交通事故処理に強い弁護士に依頼することで、さまざまなことが有利になるので、交通事故問題を多く取り扱っている弁護士を探して弁護士費用特約を使い依頼すると良いです。弁護士費用特約を利用することで、保険の等級が下がると心配するかも知れませんが利用しても保険の等級にはまったく影響はありません。弁護士費用特約の上手な使い方は、基本的に保険会社に弁護士特約を使いたい事を伝えます。

そして後は弁護士に依頼をするだけです。保険会社の方で手続きの詳細についての説明がありますので、その説明に沿って手続きをしていきます。交通事故に遭ってしまったら、必ず弁護士特約に加入しているかどうかを確認しましょう。これは、特約に加入していることを忘れている場合があることがあるので、確認は必要です。交通事故の対応を依頼することでは、交通事故事件に強い弁護士を選ぶことで、示談交渉などがスムーズに進みます。

 

精神的に楽になれる

交通事故に関して事故後の交渉に、弁護士特約を使って弁護士に示談交渉を依頼すれば被害者が自分で示談交渉しなくても良くなります。交通事故の被害者は、身体的、精神的にも大きなダメージを受けていますし、示談交渉まで自分でしないといけないと考えると、ストレスが大きくかかります。しかし弁護士特約を使い弁護士に示談交渉を任せることで、ストレスから解放されます。

弁護士特約を使うことで、被害者が示談交渉を行うときにかかる精神的ストレスがなくなります。弁護士費用特約は多少の保険料の問題はありますが、少し保険料が高くなってしまっても、実際事故を起こしてしまった場合に受けられる弁護士特約は、被害者にとっても大きなメリットになります。

一般的な特約料金は、およそ100円ほど加えるくらいになりますので、その金額で大きなメリットが得られるのですから、損にはなりません。弁護士費用特約を利用する事で、保険の等級が下がる心配もでてきますが、 弁護士特約を利用しても、保険の等級にはまったく変化はないものになりますので安心して利用できます。交通事故後の被害者の精神的なダメージは、体に受けたダメージよりも大きくなることがありますので、弁護士の力は必ずといってよいほど必要です。

解決が早まる

交通事故後に弁護士に依頼することで、賠償金の金額が上がると共に早時期に事件解決することができます。弁護士に示談交渉を依頼することで、示談金の金額が上がることが多くなります。交通事故の賠償金において計算基準になるのは、自賠責基準と任意保険基準そして弁護士、裁判基準があります。弁護士、裁判基準を使うと賠償金を高額にすることができますし、他の基準に比べておよそ2倍以上になることもあります。

弁護士に示談交渉を依頼するだけで、この高額な弁護士、裁判基準を使って事を進めてくますので、賠償金の金額が上がるのです。さらに一般の人では知識のない過失割合の点でも弁護士に依頼することで、交渉が有利にすることができます。

また交通事故によって起こってしまう後遺障害などの級認定も、弁護士でしたら適切にすすめることができますので、やはり賠償金のアップになります。弁護士は交渉のプロフェッショナルですので、交通事故に関しても弁護士に示談交渉を依頼すると、スムーズにさまざまな手続をすすめてくれますし、早い時期に解決できることがメリットです。弁護士特約を使うことで示談交渉を依頼すると、賠償金の金額が上がり事件が速やかに解決できるのです。

交通事故を起こしてしまったら

交通事故を起こした場合、慰謝料請求を弁護士に依頼することを迷う場合があります。しかしこの場合は、弁護士に依頼すべきだと言えます。事故後、弁護士に依頼する大きなメリットは、慰謝料や損害賠償金などの増額を見込めるからです。弁護士に依頼した場合、慰謝料が増額するケースは少なくありません。そのため、弁護士に依頼するメリットもあります。もちろん、示談交渉は自身で行っても良いのですが、その場合はそれなりの法的な知識があればと言う話です。

交通事故の慰謝料は弁護士が交渉するからこそ、増額を見込めることになります。加害者側から来るのは、保険会社でも事故処理を担当している専門の人ですので、一般の方が保険会社と交渉しても話負けしてしまうのが現状です。ですから増額には弁護士への依頼が必要なのです。弁護士に依頼する時には費用が掛かりますが、この費用を加入している自動車保険につけることができます。すでに加入している保険についている場合は、弁護士にかかる費用倒れの心配なく相談や依頼ができます。

弁護士費用特約がない場合は、物損事故や人身事故で後遺障害がないときは、相手から受け取れる賠償金額が少なくなります。しかし弁護士に依頼することで費用倒れになることが少なくなります。弁護士特約を自動車保険につけることで、弁護士費用については全額保険会社が支払をしてくれるようになっています。これによって自己負担がなくなり弁護士に依頼することができます。

参照HP-交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談|弁護士法人アディーレ法律事務所